クレジットカードを現金化する際には、良い業者を見極めて利用しましょう。

クレジットカード現金化業者の違いとは~ヘッダー

 

 

業者選びで重要視したいポイント

 

業者を選ぶうえで注目したいポイント

 

クレジットカード現金化の需要は年々高まっていて業者の数も増加傾向です。

 

資金調達を目的に利用するサービスのため換金率など手数料だけを比較すれば良いと思われがちですが、現金化業者が公式サイトで明記する店頭表示の換金率は参考にならない場合があります。

 

悪徳業者の多い業界ですので、実績や評判などから優良業者をしっかり見極めることが重要です。
また、入金までのスピード手続き内容営業時間スタッフ品質などを考慮して自分に合った業者を選ぶことも大切です。

 

ドリームキャッシュでは、クレジットカード現金化業者を選ぶ際の重要ポイントをどこよりも分かりやすく解説いたします。

 

業者選びのチェックポイント

 

クレジットカード業者を選ぶ際にチェックするポイントは以下の通りです。

 

  • 店頭表示の換金率
  • 実質換金率(各種手数料)
  • キャンペーンおよび優遇プラン
  • 運営会社の信頼性、実績
  • 入金スピード
  • 営業時間
  • 現金化の方式(キャッシュバックor買取)
  • 電話対応の品質

 

一部で法外な手数料を取っている所や、カード決済後に振込をしない詐欺行為、個人情報の転売をする悪徳業者も存在します。
必ず運営実績や評判を元に悪徳業者ではないかの確認を行ってください。

 

入金スピードや簡略な手続きなど他のスペックがどれだけ優れていても、信頼性に不安のある業者は避けた方が無難です。
最低限の信頼性を確認した上で、換金率や入金時間、手続き内容などのポイントをチェックして、自分に合った業者を絞り込みましょう。

 

何故お金が必要なのかを考える

 

クレジットカード現金化業者が信頼できるかどうかは大前提として、まずは現金化を利用する情況や目的を整理してみましょう
現金が今すぐ手元に必要ということは、何らかの事情を抱えている方が多いと思いますが、その使い途は様々ではないでしょうか。

 

病院にかかりたいたいけど現金が手元にない」といったパーソナルな目的の方もいれば、「事業の資金繰りが苦しいのに融資が受けられなくて…」というように、現金がないことで他者を巻き込んでしまうような理由がある方もいらっしゃるはずです。
後者のような方が、換金率が低い業者を選んでしまったら目も当てられません。

 

業者の安全性や口コミでの評判の良さは大切ですが、お金が必要になる情況・目的をよく考えて“自分に合った業者”を見つけましょう。

 

 

クレカ現金化業者の仕組み

 

クレジットカード現金化は、本来は資金調達の利用が規約で禁止されているショッピング枠を現金に変える資金調達法です。

 

ショッピング枠を純粋に現金に変える行為は貸金業法違反に該当するためカード規約で禁止されていますが、現金化業者はショッピングした実績を作ることで規約違反を回避しています。

 

クレカ現金化業者は主にキャッシュバック方式買取方式の2種類があり、原価の限りなく低い商品を実際に販売し、商品に対してキャッシュバックか買取で現金を支払う仕組みです。
最も扱われることの多い商品は、CD-ROMのコピーで作成したPCソフトです。
こうした商品を実際に発送することが多く、買取方式を採用する業者の一部では届いた商品を業者に送り返すルールになっているケースもあります。

 

送られてくるPCソフトのイメージ

 

カード決済から入金、手続き完了までの流れは業者によって異なりますが、カードショッピングをした実績を明確に残す手続きをする業者は安全性が高いです。

 

クレジットカード現金化は、業者を使わなくても商品券やブランド品をカード決済で購入して転売する方法で現金化できます。
しかし、自力での現金化はリスクが高く、質屋・リサイクルショップを利用した場合は実質換金率が低くなってしまいます。

 

専門業者はカード事故(規約違反)を回避する安全性に加え、来店不要の手続きのみでカード決済した数分後に入金される利便性の高さが人気を集めている要因です。

 

実質換金率の見極め方

 

利用する会社によって換金率が異なる

 

信頼性安全性の次に重要な比較ポイントが換金率です。
クレジットカード現金化サービスは、店頭表示の換金率より実質換金率の下がるケースが多いです。
実質換金率の下がる仕組みは次の通りです。

 

  • 税抜価格を基準に計算する(カード決済は税込・振込額は商品の税抜価格×換金率)
  • 端数切り捨て(振込額は1,000円未満切り捨てなど)
  • 振込手数料、送料の負担
  • 事務手数料など各種手数料の徴収

 

現金化業者の多くは、税抜価格を基準に振込額を計算する仕組みで実質換金率が10%前後下がってしまいます。
1万円以下の端数カットや振込手数料・送料・事務手数料など発生する手数料の項目が多い業者は避けるようにしてください。
現金化業者を利用した際の実質換金率・手数料については、下記のリンク先で詳しく解説しています。

 

 

 

入金スピード

 

クレジットカード現金化を利用する方は、一刻も早く資金調達が必要な状況の方が多いでしょう。
また、先にカード決済をする手続きになるため、入金スピードが遅いと不安な気持ちが強くなってしまいます。

 

業者からの入金連絡を待つ女性

 

昨今は異なる金融機関への振込でも即時入金になるモアタイムシステムが普及したことで夜間や土日でもスピード対応できる現金化業者が増え、多くの業者が最短3~5分のスピード入金を明記しています。
しかし、小規模業者は営業時間内の申込でも翌日対応になることがあるので注意してください。
スピード対応を重視している方は最短入金時間だけではなく営業時間内は常に複数のスタッフで対応しているかなど、安定性を重視して選ぶとよいでしょう。

 

公式情報はアテにならない

 

クレジットカード現金化業者の公式サイトを見ると

 

  • 最大換金率95%以上
  • 最短5分のスピード入金
  • 来店審査不要
  • カード事故0件の運営実績

 

このように、どこも同じようなスペックを明記しています。

 

しかし、実際に利用してみると同じような換金率を明記している所でもA社は90%B社は70%など大きな開きになることがあります。
ほかにもスピード対応に強い所は常に申込から20分以内の対応。悪徳業者は営業時間内の問い合わせでも翌日入金になるなど対応が大きく変わってきます。

 

現金化業者がサイト上で明記している公式情報はアテにならないことが多いので注意してください。
運営期間や利用者数・リピート率、カード事故0件などの実績に関連した情報を捏造している悪徳業者はたくさんいます

 

消費者を騙そうとする悪徳業者

 

現金化業者選びは口コミや検証サイトをチェックするなど事前のリサーチが重要。WEB申込ではなく電話で直接問い合わせて話を聞いてみるのも有効です。
ドリームキャッシュでは、項目別に優良業者と悪徳業者でどのような差があるのか?
そして優良業者を見極めるコツ、業者によって身分証提出や商品発送の対応が違うなど“現金化業者を選ぶ際に役立つ情報”を幅広く紹介しています。

 

信頼できる業者を絞り込む
 → 重視する項目(スペック)をチェック
   → 不安要素がないかの確認

 

上記のステップにて現金化業者を選ぶようにしてください。
最初の信頼できる業者を絞り込む方法は、公式サイト以外の情報を参考にするしかありません。

 

運営実績については、サイトのドメイン取得日を調べるなど自分で確認する方法もあります。
信頼できる業者を絞り込んだ後にチェックするスペックや不安要素については、関連ページを一通りチェックしてみてください。